公式の店舗 アップライトベース SWB-GAMBA/R【送料無料】 ランドスケープ Landscape-アップライトベース

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 モリヨシ MORIYOSHI コスタ ラグ Costa rug 130x190 ラグ 幅1300mm シャギーラグ マット 絨毯 じゅうたん カーペット ホットカーペットカバー対応 リビング ダイニング 子供部屋 ヴィンテージ カジュアル 無地

公式の店舗 アップライトベース SWB-GAMBA/R【送料無料】 ランドスケープ Landscape-アップライトベース!

Pignose PGG-200 【送料無料】











ヨーロッパをはじめ、南米やアジアとツアーをこなす世界的なミュージシャンEuropian Jazz Trioのベースマン”Frans van der Hoeven”とのコラボで生まれたSWB-GAMBA。

従来の箱鳴りをキープしつつ、ボディーの形状をシンメトリーデザインにした新たなプレイアビリティへの提言です。
GAMBAはその構造を示す語源です。


GAMBAはフルアコ構造のボディとなっており、アップライトベースにはないコントラバスフィーリングが強い1本です。
演奏性はもちろん、アコースティックな鳴りはランドスケープならではです。
ヴァイオリン等の職人技により作り上げられる本機は、エレキベースでは味わうことのできない深みのある上質なサウンドとフィーリングを感じて頂けます。
コントラバスのように生音が大きすぎないため、自宅練習の活躍はもちろん、
マグネティックピックアップとピエゾピックアップによりバンドサウンドにおいてもストレスなく使用できるスペックとなっております。


Landscapeブランドの開発コンセプトは”オーガニックな楽器の製作”。
これらの基礎を成しているものは、新しいものばかりではなく、古き良き時代の工法による楽器が醸し出すサウンドを改めて見直したことに尽きます。
その原点となったバイオリン製作の工法を取り入れ『ハートウォームなサウンド』を表現したい、製作過程に於いては「釘も半田ゴテも必要としないバイオリン製作」と「電気回路やきらびやかな塗装のエレキギター」とを融合させる訳ですから、それはとても困難なものでした。しかし、実際に完成してみれば見事にそのハーモニーが保たれる物となりました。

部品の調達~組込を自社で行い、完成に至るまでの最終的なクオリティーコントロールをも自社で管理する方法をとっている為、様々なミュージシャンからの要望に対しても小回りの利く微妙な調整が可能となり、Lanscape Upright Bass等がミュージックシーンで活躍する機会も益々増えています。
アーティストとのコラボレーションによるノウハウが様々な部分で息づいています。

スペック
・Body:Sitka solid spruce arched top / Acoustic construction / Solid maple side & back
・Neck:Maple 3ply / Bolt-on construction / Original Scroll head
・Fingerboard:Ebony
・Scale:42.5 inch scale
・Machine head:GOTOH GB29 Original Machine Heads
・Pickups:Landscape original PB-U magnetic pickup / Realist Woodtone Piezo pickup
・Bridge & Tailpiece:Ebony tailpiece, Maple bridge, D’Addario HP 610 strings.
・Controls:Magnetic Volume / Piezo Volume / 2-Band EQ (Bass & Mid)
・Accessories:Gig bag

※当商品は店舗販売しているため在庫状況がリアルタイムに反映できない場合がございます。
すでに品切れている場合がございますので予めご了承下さい。

»(もっと詳しく知る)

公式の店舗 アップライトベース SWB-GAMBA/R【送料無料】 ランドスケープ Landscape-アップライトベース

»(もっと詳しく)

公式の店舗 アップライトベース SWB-GAMBA/R【送料無料】 ランドスケープ Landscape-アップライトベース?

Debian JP Project は、 Debian Project との協力関係の下に以下のような活動を行っているボランティアで構成される任意団体です

もちろん、あなたのプロジェクトへの 参加 は大歓迎です。 詳しくは、Debian JP Project について をご覧ください。